1
靴下を編む

職人

国家試験1級を保持する職人
何十年と靴下編機と向き合ってきた彼らは
糸の立て方・テンション・ 糸支給糸道の角度
針の送り方 など
細部にわたって調整を施す
綿糸はもちろん・麻・シルク・ウール
近年では和紙糸など
あらゆる糸での製造実績が蓄積され
素材ごとに最適な編み方を熟知する

日本の編立て技術を継承する為にも
若手の育成は不可欠
最高職人達の中で
将来の職人も真剣に機械と向き合う
日本製の靴下製造機
日本製の靴下製造機を管理する職人
日本製の靴下製造機を管理する職人2
日本製の靴下製造機アップ

旧型編機

今ではもう製造されていない
日本製の靴下編機

無機質なメカニカル編機ではあるが
この編機でしか編めない靴下がある
職人達はこれらの編機をネジ1本までバラシ
再度組み立てられる技術を持つ。

コンピューター機では出来ない
微妙な調整が可能
ゆえに風合いの良い靴下が出来上がる。

巻き取り式・・・ジャガード編みなどは
生地を引っ張りながら詰めて編んでいくことで
最終成型後にはしっかりとした柄と
ふんわりとした風合いで仕上がる
HOME | 職人 | 靴下を編む職人
 
次のページへ