3
検品

第一検品

旧型編み機は、
靴下がソーセージのように連続して
編み立てられていく
ハサミなどで裁断する事も 容易いことではあるが 
1枚づつ検品しながら
それぞれの継ぎ目の糸を1本抜き切り離す事で
裁断時の糸端末等もなく 綺麗な仕上がりになる
第1検品の模様
第1検品の手元アップ
HOME | 職人 | 検品の職人
前のページへ
次のページへ